自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト(RoAD to the L4)のコーディネート機関に決定

2021.6.11 更新

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 石村 和彦】(以下「産総研」という)は、経済産業省が国土交通省と連携し、自動運転レベル4等の先進モビリティサービスの実現・普及に向けて、研究開発から、実証実験、社会実装まで一貫して取り組む「自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト (RoAD to the L4 )」の総合的調査検討を行う幹事機関(コーディネート機関)に選出されました。

産総研は、株式会社野村総合研究所、日本工営株式会社、株式会社三菱総合研究所、株式会社テクノバ、豊田通商株式会社とコンソーシアムを組み、幹事機関として経済産業省および国土交通省の令和3年度「無人自動運転等の先進MaaS 実装加速化推進事業(無人自動運転等の先進MaaS 実装加速化のための総合的な調査検討・調整プロジェクト )」を推進しています。このコンソーシアムが、コーディネート機関に決定し、プロジェクトコーディネータには、情報・人間工学領域 ヒューマンモビリティ研究センター 横山 利夫 招聘研究員が就任することになりました。

自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実装プロジェクト(RoAD to the L4)は、技術開発、調査分析、実証実験にとどまらず、意義、目標等を踏まえ、レベル4等先進モビリティサービスの社会実装を目指し、自動運転・MaaS の個別テーマに取り組むだけでなく、人材育成、社会受容性等の横断的な課題にも取り組みます。このプロジェクトの研究開発・社会実装計画に基づき、コーディネート機関は、総合的な調整、調査、検討を進め、社会実装の加速を推進していきます。


※記事の無断転用を禁じます。