複数拠点で接続した運航管理統合機能の実証試験に成功

2021.4.15 更新

NEDOは、日本電気(株)、(株)NTTデータ、(株)日立製作所、(株)ウェザーニューズとともにロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクトに取り組んでおり、2021年3月15日から3月18日まで複数の拠点から接続し、運航管理統合機能の実証試験を実施しました。

具体的には、ドローンフィールドKAWACHIなどから福島ロボットテストフィールドの運航管理システムに設けた運航管理統合機能に接続し、事業者向けユーザーインターフェース機能の改善や空域管理機能の高度化といった、機能拡張した運航管理統合機能が正常に作動することを確認しました。本事業を通じてドローンの運航の統合的な管理を可能にする運航管理統合機能の開発を進め、将来多くのドローンが全国で安心安全に飛び交う社会の実現に貢献します。

1.概要

ドローンは将来、物流や郵便、警備、災害調査、点検、測量、農業などのさまざまな分野での活用が期待されています。ただ高密度でドローンが飛び交う社会を実現するには、すべての機体の飛行計画と飛行状況を掌握し、衝突などの危険を確実に回避するなどドローンの運航を統合的に管理する必要があります。さらに、ドローン

このような背景のもと、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの開発を推進しています。これまで「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市・同浪江町)の総合管制室に運航管理統合機能を提供するサーバーを設置し、運航管理システムのアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を公開しながら、福島ロボットテストフィールドにおいて一般のドローン事業者も参画した運航管理システムの相互接続試験を実施してきました。

その一環として、NEDOは運航管理システムの全国的な社会実装を見据え、複数地域での安定した運航管理システムの連携を実現するため、2020年度から「運航管理統合機能の機能拡張に関する研究開発」を進めています。このたび、NEDOは日本電気株式会社、株式会社NTTデータ、株式会社日立製作所、株式会社ウェザーニューズとともに、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの社会実装を見据え、複数拠点から接続した運航管理統合機能の実証試験を実施しました。

具体的には、ドローンフィールドKAWACHI(茨城県稲敷郡河内町)から福島ロボットテストフィールドの運航管理システムに設置した運航管理統合機能に接続活用し、東京に設置した運航管理機能表示端末から運航を監視し、事業者向けの改善したユーザーインターフェース機能や空域管理機能の高度化といった機能が正常に作動することを確認しました。

この実証試験を通して、NEDOは将来さまざまな分野で活躍することが想定される多数のドローン運航を統合的に管理し、全国で安心・安全にドローンが飛び交う社会の環境整備に貢献します。

2.実証試験内容

実施期間:2021年3月15日から3月18日まで

実施場所:ドローンフィールドKAWACHI(茨城県稲敷郡河内町)

実施内容:福島ロボットテストフィールドにある運航管理システムの運航管理統合機能にドローンフィールドKAWACHIからクラウド上の運航管理機能を使用して接続し、メーカー拠点として東京に設置した運航管理機能表示端末により、正常に作動していることを監視する3拠点での接続実証試験を実施しました。さらに、これまでに構築した運航管理システムとの相互接続試験の環境に下記の機能や技術を拡張した運航管理統合機能の有用性を検証しました。

  • 事業者向けのユーザーインターフェース機能改善
  • 空域管理機能の高度化
  • 接近状態の回避機能と事故発生時の運用機能
  • 全国の気象情報の管理、活用技術

  • ※記事の無断転用を禁じます。