maxon とFourier Intelligence 社が緊密な連携へ

2021.2.2 更新

maxon グループとFourier Intelligence 社が、包括的な戦略的パートナーシップの締結を発表しまし た。maxon の高精度ドライブシステムとスタートアップ企業Fourier 社のリハビリテーションロボ ットを組み合わせることで、リハビリ患者のための新しいテクノロジーを実現することが期待され ます。

リハビリテーションサービスやヘルスケアの分野では、テクノロジーの果たす役割がますます重要になってい ます。そのため、臨床医、エンジニア、企業は、患者の要望に最適な形で応えることができるテクノロジーを 搭載したソリューションの開発に力を注いでいます。ドライブシステムのスペシャリストであるmaxon と、外 骨格ロボットやリハビリテーションロボットを手掛けるスタートアップ企業Fourier Intelligence 社のパートナ ーシップも、こうした目的のもとに生まれました。両社は互いのノウハウを結集し、業界をリードするリハビ リ用システムおよびプラットフォームの開発に取り組みます。2020 年12 月に両社は基本合意書に署名し、今 後のパートナーシップを締結しました。

maxon とFourier 社のパートナーシップは強力な連携になります」。こう述べているのは、maxon グループ CEO のオイゲン・エルミガーです。「最新のリハビリテーションロボットとテクノロジー製品の連携に関する Fourier 社の考えは、高精度のドライブシステムで世界を少しでも良くしていこうというmaxon の企業哲学と 絶妙にかみ合っています」。

すでにFourier 社は、外骨格ロボットExoMotus X2 にmaxon のBLDC モータを採用しています。また今後は、 外骨格システムやロボットシステムの研究開発に使われるオープンプラットフォーム、Exoskeleton & Robotics Open Platform System (EXOPS™) にもmaxon 製品が採用されることになっています。maxon のモータ、ギア ヘッド、エンコーダ、制御ユニットを含むカスタマイズされた多様なドライブシステムが、リハビリサービス 用ロボットソリューションの開発に携わるエンジニアに提供されます。

「maxon とのパートナーシップにより、革新的な次世代のテクノロジー製品やプラットフォームの構想、設計、 構築に役立つ最高のテクノロジポートフォリオを提供できるようになります」と、Fourier Intelligence 社の共同 創設者であり副CEO であるZen KOH 氏は述べています。「私たちは一つのチームとして一丸となり、リハビ リ技術の可能性を最大限に引き出して、患者の方々が早く回復できるように努めます」。

▽詳細はこちら
マクソンジャパン株式会社


※記事の無断転用を禁じます。