VR、ロボティクス向けグローブ型触覚デバイス「HaptX Gloves DK2」取り扱い開始

2021.1.28 更新

株式会社アスクはVR、ロボティクス向けのHaptX社製グローブ型触覚デバイスである「HaptX Gloves DK2」の取り扱い開始を発表した。

「HaptX Gloves DK2」はHaptX社が開発に2年を費やしたVRやロボティクス向けのグローブ型触覚デバイスだ。重量サイズともに削減し、エルゴノミクスとフィット感を改善したほか、触覚の忠実度の強化、ルームスケールのVRサポートの実現、マルチユーザーネットワークを含む多くのSDK機能の追加など、大幅なアップグレードが加えられた。

グローブあたり130ポイント以上の触覚フィードバックを備えており、特許取得済みのマイクロ流体テクノロジーを用いて、実際のオブジェクトに触れているような感覚を再現。さらに強力な力のフィードバックも特徴で、グローブあたり最大40ポンド(指1本あたり8ポンド)の動的なフィードバックを適用することができるエキソテンドンを搭載している。また、独自の磁気モーションキャプチャシステムを活用することで、サブミリ単位の精度となる30DoFでのモーショントラッキングに対応している。


※記事の無断転用を禁じます。