ARを活用して体感型トレーニングシステムの構築を実現

2021.1.21 更新

2020年12月24日、電通国際情報サービス(ISID)はメンテナンス作業者向けAR(拡張現実)トレーニングツール「バーチャルアセット」を、明電舎が2020年10月に開設した体感型技術研修センター「Manabi-ya(学び舎)」に納入したことを発表した。

Manabi-yaとは、ICTを活用した体感型技術研修センターであり、メンテナンス作業者の技術向上を支援するために開設された。その主力プログラムの1つとして、ARを活用した体感型のトレーニングシステム「AR教育システム」を設計構築している。このトレーニングシステムは「バーチャルアセット」「バーチャルタッチ」「リアルアセット」などのツールで構成されており、ISIDはその中で「バーチャルアセット」の製作を受託した。

このツールは、3Dゲーム開発プラットフォーム「Unity」とMicrosoftのヘッドマウントディスプレイ「HoloLens 2」を活用することで体感型のトレーニングツールとなっている。受講者が「HoloLens 2」を通じて見る現実空間上に、さまざまな装置を3Dモデル化し重ね合わせることで、実機と同等にメンテナンス操作ができるバーチャルトレーニング環境を提供する。さらにトレーニングシナリオにはテキストや音声などを組み合わせたものや、回答選択を要するテスト形式のものもあり、これらをAR空間内で実行することで、受講者はメンテナンス手法を効率的に学習し、自学自習を繰り返すことができる。


※記事の無断転用を禁じます。