ソニーがドローンプロジェクトの実機を初公開

2021.1.14 更新

1月11日(現地時間)にオンライン開催中の「CES 2021」において、ソニーは2020年11月に発表したドローンプロジェクト「Airpeak(エアピーク)」の実機を初公開した。

2020年11月にソニーはドローンプロジェクト「Airpeak」の開始を発表し、イメージング&センシング技術や、「3Rテクノロジー」としているリアリティー(Reality)、リアルタイム(Real-time)、リモート(Remote)を活用することで、ドローンのさらなる発展や価値の創出に貢献する方針を示していた。

CES 2021で、ソニーは第一弾としてプロフェッショナル映像制作領域での製品を公開した。フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」を搭載可能とし、さらにαを搭載したまま安定した高画質撮影が行えるという機体だ。ソニー 代表取締役社長 兼 CEOの吉田憲一郎氏はプレスカンファレンスにて登壇し、「空を創造の場に変えたい」と話した。


※記事の無断転用を禁じます。