ドローンによる太陽光パネル点検のソリューション提供を開始

2020.12.8 更新

株式会社自律制御システム研究所(ACSL)と株式会社WorldLink&Companyは、ドローンによる太陽光パネル点検のソリューションの提供を開始しました。

太陽光パネルは経年劣化等により故障を引き起こす場合がありますが、2017年に改正されたFIT法により、事業者に保守点検の義務が課せられたことで、定期点検の重要性が増しています。そのような状況で、ACSLはインフラ点検、災害などに利用されるドローンを開発しており、安全安心なドローンの社会実装を推進してきました。

両社は、太陽光パネル点検における課題を解決するため、ACSLの産業用ドローンと、SkyLink Japanがもつ太陽光パネル診断ソリューションを組み合わせることで、本サービスの提供を開始する予定です。


※記事の無断転用を禁じます。