製品カタログイメージ

自動測定・補正用TCPセンサシステム(ロボット部品&材料その他)

LEONI Wire & Cable Solutions Japan株式会社
<製品の概要表>
項目 詳細
ロボットで主に使用する箇所 お問い合わせください。
主な導入事例 お問い合わせください。
納期 お問い合わせください。
価格 お問い合わせください。
  • 納期・価格は随時変動していますので、詳細は『お問い合わせボタン』よりお問い合わせ下さい。
特長

ロボットは、先端に取付けられた吸着グリッパ・溶接用トーチ・シーリング用ノズル・切削回転加工用ツール・カット用ブレードナイフ、ツール毎に設定したTCP(ツール・センター・ポジション)を基準として、搬送・溶接・シーリング・加工等の動作を実行します。

定期的なロボット本体の校正、カメラ等によるワーク位置の精密測定を実行してもツール自体の変形や摩耗・ATCやツール取替え時のズレが生じた場合、その誤差が動作にそのまま影響してしまいます。Advintec TCPの使用により、最大6軸(X, Y, Z, 各軸回転方向)を20μmの精度で測定・自動補正します。最も多く使用されている3軸測定で5秒、5軸測定でも10秒の測定時間で測定から自動補正を行います。

  • 詳細は、PDFダウンロード、もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

  • お問い合わせで
    『ノイズ対策本』プレゼント!

企業情報

社名 LEONI Wire & Cable Solutions Japan株式会社
所在地 〒465-0051 愛知県名古屋市名東区社が丘2-1118
電話番号 052-364-9515
企業より

関連カタログ