(カタログ)
製品カタログイメージ

目や脳を持ったロボットシステムの開発(産業ロボット)

株式会社松浦電弘社
<製品の概要表>
項目 詳細
ロボットで主に使用する箇所 案件次第
主な導入事例 大手食品メーカ様、自動車部品メーカ様など
納期 案件次第となります、お問い合わせください
価格 案件次第となります、お問い合わせください
  • 納期・価格は随時変動していますので、詳細は『お問い合わせボタン』よりお問い合わせ下さい。
特長

弊社では、ロボット単体のプログラムだけではなく、LabVIEWからロボットを制御することができます。このため多くのセンサやデバイス、カメラなどを連携させたシステムを提供することが可能です(MDS Robot Platform)。

更に、LabVIEWから学習済みのAIモデルを使用することもでき、LabVIEWを介してAIとロボットを組み合わせたシステムを開発することが可能です(MDS Factory AI)。

PLCの代わりにEtherCATで装置のネットワークを構築し制御するTwinCATでの開発も手掛けております(MDS High Sync)。これらのネットワーク上にロボットを配したシステム開発も可能です。

様々な業界の企業様からご相談頂き、プロトタイピングから始めてラインへ導入する実用機まで仕上げた実績が多数あります。

  • 詳細は、PDFダウンロード、もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

  • お問い合わせで
    『ノイズ対策本』プレゼント!

企業情報

社名 株式会社松浦電弘社
所在地 〒921-8809 石川県野々市市二日市1丁目76
電話番号 076-248-2974
企業より 弊社はLabVIEWを提供するNational Instruments社のゴールドアライアンスメンバーとして画像処理を含む各種計測システムを開発してきました。その中で、将棋のイベント「電王戦」のプロジェクトをきっかけに、ロボットをLabVIEWと連携させる流れが始まり、各種ロボットシステムを提供する現在に至ります。大手企業様から企画段階の受け、規模的にも予算的にもコンパクトな実証実験から始めるケースが多くあります。是非一度ご相談ください。

関連カタログ