製品カタログイメージ

日本語に特化した自動文字起こし「Rimo Voice」(音声認識)

RImo合同会社
<製品の概要表>
項目 詳細
ロボットで主に使用する箇所 日本語音声認識による文字起こし。さまざまなシーンでご利用いただけます。お問い合わせください。
主な導入事例 会議議事録、字幕作成、テープ起こし、聴覚障がいのサポートなど多数。
納期 スポットプランは申し込み後即時利用可・定額制は指定申し込み日から利用開始
価格 スポット利用20円/30秒・定額制10万円/40時間 他
  • 納期・価格は随時変動していますので、詳細は『お問い合わせボタン』よりお問い合わせ下さい。
特長

「Rimo Voice」は日本語に特化したAI文字起こしサービスです。 パソコンやスマートフォンのブラウザを使ったリアルタイム録音、もしくは録音済みの音声データをアップロードすることで文字起こしデータを作成することができます。 日本語に特化した自然言語処理技術を使っているため、句読点を含めた自然な日本語を読み込むことができます。

  • 詳細は、PDFダウンロード、もしくはお問い合わせよりご連絡ください。

  • お問い合わせで
    『ノイズ対策本』プレゼント!

企業情報

社名 RImo合同会社
所在地 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3丁目46番7号
電話番号 03-6459-3716
企業より Rimo Voiceは取材やユーザーインタビューの文字起こしに使えるのはもちろん、録音データを文字によって検索できるため、議事録の代わりとしても使っていただけます。Rimo Voiceによる議事録は声も残すことができるため、言質が取れるだけでなく、温度感やニュアンスも伝えることができます。リモートワークはメンバーと対面しないことで、通常より不信感や不安感を助長する側面がありますが、これにより、例えば上長がメンバーに任せてあえて会議に参加せず、必要があればRimo Voiceで確認をとるといったシーンを増やせるはずです。このように、以前からあったものの便利な代替ではなく、新しい働き方をサポートするツールとして考えて使っていただけるとより嬉しく思います。(代表 相川)

関連カタログ